前へ
次へ

物品賃貸業の概要について

物品賃貸業は自社の所有する様々な分野における物品を一定の期間金額を支払うことで契約を結んで貸し出しを行う独立した業者のことを指します。別称でリースとも呼びます。リース取引において貸し出す物品については船舶、自動車、オフィス用品、産業用の機械、農水産業などの機械などが代表的なものとしてあげられます。またスポーツ用品や娯楽用品などのリースも行う業者も多く存在します。物品貸出業は不動産や施設の賃貸業とは別個の業者として扱われていますが、当然ながらオフィス用品などの設備がないと当然不動産賃貸物件を利用者が借りても機能はしませんので自費で購入するよりも費用が抑えられている点でメリットがあり、またリース業は不動産業者と密接に関連はあるといえます。

Page Top